MENU
リタリコワンダーのロボット・プログラミングコースの料金(月謝・ロボット代など)
ロボット教室

リタリコワンダーのロボット・プログラミングコースの料金(月謝・ロボット代など)

小6の息子がヒューマンアカデミーロボット教室2年半以上通学中です。

 

2018年秋から中学生になっても通えるIT教室としてリタリコワンダーも通学することに決めました!

 

こどもプログラミング教室通学中


 

ロボット教室,リタリコワンダー,料金,月謝,費用

⇒公式HP

 

我が家は自宅から1時間以上かけて電車でリタリコワンダーに通うので、料金(月謝、維持費など)について、かなりシビアに検討しました。

 

 

人気のロボット・プログラミング教室とも比較し、リタリコワンダーの料金についてママ目線でわかりやすくお伝えします♪

 

 

 

〇関連記事

 

リタリコワンダー無料体験

 

 

@リタリコワンダーってどんなところ?教室は東京・神奈川のみ

リタリコワンダーについて一気に全部まとめると・・・

 

リタリコワンダー
ロボット教室,リタリコワンダー,料金,月謝,費用

初期費用

毎月の料金

授業内容

入会金
1万6200円
ロボット代
6万156円(小3まではなし)

授業料
1万1880円(月2回)〜
運営費
1620円

月2〜8回
1回90分

コース

対象年齢

教室数

ロボット

プログラミング(ゲーム・アプリ)
3Dプリンター

5歳〜高校生 13校(渋谷・中目黒・秋葉原・池袋・鎌田・水道橋・赤羽・青山・町田/川崎・横浜・桜木町・東神奈川)

(8%税込み価格)


 

コースは3つあり、月ごとに変更OK♪

@ロボット(年長〜小3:クリエイト/小3〜高校生:テクニカル)
Aプログラミング(ゲーム・アプリ)
Bデジタルファブリケーション(3Dプリンターでのモノづくり)

 

リタリコワンダー料金

 

リタリコワンダーは「こども一人一人に合ったIT教育」をしてくれる貴重な教室です!!

 

カリキュラムはなく、「我が子のやりたい!」に対応してくれる質の高いスタッフも魅力的です♪


 

 

リタリコワンダーで子どもが激変!!

リタリコワンダー講師がいい

 

リタリコワンダーは障害者・障害児の学習・就労支援をしているリタリコがはじめた「IT×モノづくり教室」です。

 

 

そんなバックグラウンドがあるので自由に子どもの好きなことをやり、ITで能力・可能性を伸ばせるのが特徴です。

 

 

発達障害のある子の性格や個性に合わせることができる質の高いスタッフがおり、どんな子も自分の居場所を見つけられそうな場所です。

 

 

実際に通っている子には

人と話すのが苦手だったけど、ロボットのことをわかってほしいとコミュニケーションができるようになった子。

 

不登校で外出できない状態だったのにリタリコワンダーには一人で通えるようになり、友達と話せるように。高校進学を決意し、社会と関わりたいと思えるようになった。

なんて、嬉しい変化がたくさん起きているようです。

 

リタリコワンダーの生徒

 

 

教室は東京・神奈川のみ13校

東京:渋谷、中目黒、池袋、秋葉原、鎌田、水道橋、赤羽、青山、町田
神奈川:川崎、横浜、横浜桜木町、東神奈川

計13校(2018年10月時点)

 

リタリコワンダー教室が少ない

 

講師の質が高いリタリコワンダーは、人材確保のためか教室が13校しかないんです。

 

でも、中には2時間かけて通っている子、なんと新幹線で通学している子も!!すごいです。


 

リタリコワンダー無料体験

 

 

残念ながら通学範囲外の方は

ロボット教室,リタリコワンダー,料金,月謝,費用

ロボット教室,リタリコワンダー,料金,月謝,費用

⇒公式HP

 

リタリコワンダーの生徒

 

我が家の通うヒューマンアカデミーロボット教室教室数1300校で近所で通える可能性大です!!

 

息子はココでロボット作りに夢中になり将来の夢までできました♪


 

ヒューマンアカデミーロボット教室通学


ヒューマンアカデミーロボット教室に2年以上通ってわかった費用対効果


 

ヒューマンアカデミーロボット教室

 

 

A料金(月謝・初期費用)は高い?安い?

リタリコワンダーに通うときにかかる費用は

@入会金・初期費用(ロボット代)
A毎月の料金(月謝、運営費、教材代)

の2つです。

 

入会金

1万6200円

初期費用
(ロボットコースのみ)

テクニカルのみ:6万円ほど

毎月の料金

  月謝+

運営費:1620円

教材費:1080〜4320円

合計

月2回:1万4580円
月4回:2万3200円
月8回:4万4820円

注:税込価格

 

ロボットコースでは小3からロボットを購入します。それ以外コースでは購入品はなし。

 

 

パソコンは教室にあるものを使うので費用はかかりません。

 

リタリコワンダー料金高い

 

リタリコワンダーの料金は他の教室と比べると、ちょっとお高めです。

 

ロボット・プログラミング教室は楽しく長く続く習い事なので、費用は交通費を含めてしっかりチェックしたほうがいいです!!


 

ただリタリコワンダーの料金は、講師の質&通いやすい立地を考えるとこのくらいかかるのは当たり前かもしれません。

 

 

高度なロボット制作やプログラミングを教えられる講師はまだまだ少ないので、そんな講師がいる教室は貴重です。

 

 

リタリコワンダーに遠くから通学

 

我が家が無料体験にいったリタリコワンダーの新規オープン校ではどんどん生徒が集まり、満席になっているクラスも。

 

中には新幹線で他県から通っている生徒も!!ビックリです!


 

 

初期費用:入会金、ロボット代

入会金

入会金は税込1万6200円と、ちょっと安くなったら嬉しい金額です。

 

ロボット教室無料体験

 

無料体験に参加すると安くなったり、商品券がもらえたりと教室ごとにキャンペーンがあるようです♪

 

ぜひ、ご近所の教室をチェックしてみてください♪


 

リタリコワンダー無料体験

 

 

ロボット代

ロボット代は小3からのロボットテクニカルコースのみかかります。

 

 

買うロボットはレゴマインドストームEV3という世界基準のロボットです。↓↓

 

レゴマインドストームEV3

 

リタリコワンダーのロボットは高い

 

このレゴマインドストームEV3は約6万円と高いです!!

 

さらに追加でパーツを購入すると1万円以上とけっこうかかります。


 

ただ、このレゴマインドストームEV3はロボット世界大会でも使われているもので、買っても後悔しない質の高いものではあります。

 

レゴマインドストームEV3世界大会
↑リタリコワンダーの小学生がなんと世界大会7位!!

 

リタリコワンダーのロボット

 

6万円のロボットは高いですが、お年玉を投入したりと何とか買えないかなと検討中。

 

ロボットに子どもはとにかく夢中になるし、楽しく物理・理科について学べ、さらにプログラミングもできるので我が子の可能性が広がります。


 

 

毎月かかる料金:月謝、運営費、教材費

リタリコワンダーの毎月かかる料金はどのコースも同じです。

 

 

毎月かかる料金は月謝、運営費、教材費を全部合わせるとちょっと高めです。

 

月2回:1万4580円
月4回:2万3200円
月8回:4万4820円

注:税込価格

 

 

授業回数が選べる!

授業は月2〜8回と自由に選べます
料金は月8回では1回5600円ほどと安くなります!!

 

 

我が家が体験に参加した教室では授業回数はかなり自由に増やすことが可能だそうです。

 

 

「夏休みだけもう1コース追加」「余裕のある月は3回」なんてのもOK。

 

 

リタリコワンダー料金高い

 

リタリコワンダーの料金は月2回だと1回7000円ほどと、他のロボット・プログラミング教室と比べるとちょっと高めです。

 

ただ、講師の質が高いことを考えると、がんばって通いたい!なと思いました。


 

 

B料金を他のロボット・プログラミング教室と比較

リタリコワンダーの料金比較

 

リタリコワンダーの料金を他の人気のロボット・プログラミング教室と比較してみます。

 

比べるのは我が家が無料体験に参加している
・ヒューマンアカデミーロボット教室
・アーテックエジソンアカデミー
の2つです。

 

VSヒューマンアカデミーロボット教室

ロボット教室,リタリコワンダー,料金,月謝,費用

ロボット教室,リタリコワンダー,料金,月謝,費用

⇒公式HP

 

ヒューマンアカデミーロボット教室通学中

 

我が家が選んだロボット教室です!!

 

決め手は教室数が業界最多と近所で通え、初期費用・月謝が最安値!!だったことです。


 

リタリコワンダー ヒューマンアカデミー
入会金 1万6200円 1万800円
ロボット代 6万円ほど 3万780円
毎月の料金

月2:1万4580円
月4:2万3200円
月8:4万4820円

月2回のみ
 1万260円

注:税込価格

 

 

ロボットがシンプルで手先が器用になる

ヒューマンアカデミーロボット教室のロボット

 

ロボットは最初はプログラミングなしで、とことんシンプルに組み立てだけに集中できます。

 

 

リタリコワンダーのレゴマインドストームEV3でプログラミングもした息子は

 

ヒューマンアカデミーロボット教室のロボット

 

すげ〜おもしろかった!!

 

モーター1つでどれだけ複雑な動きをさせるか考えるのがいいんだよ!!

 

他のロボットとは違うんだよ!!


と、ヒューマンアカデミーロボット教室のロボットを選びました。

 

 

ロボット教室無料体験

 

ロボット選びに正解ってないと思います。

 

こどもは自分に合ったロボットを決められるので、体験が必須です!

 

どちらの教室も無料体験があり、1時間以上ガッツリと楽しめるのでオトク♪です。


 

ヒューマンアカデミーロボット教室
ロボット教室,リタリコワンダー,料金,月謝,費用

初期費用

毎月の料金

授業内容

入会金
1万800円
ロボット代
3万780円

授業料
9,720円
テキスト代
540円

月2回

1回90分

使うロボット

対象年齢

教室数

高橋智隆オリジナルロボット

小学生〜
(5・6歳専用プライマリーコースあり)

全国1300校以上

+中国

⇒公式HP

 

【プログラミング対応◎】
・プログラミングだけのコースあり
・ロボットコースも上級ではプログラミングあり

 

ヒューマンアカデミーロボット教室の無料体験感想


【参加レポ】無料体験だけで我が子が変わる!?ヒューマンアカデミーロボット教室

 

ロボット教室無料体験

 

 

VSアーテックエジソンアカデミー

アーテックエジソンアカデミー体験授業 アーテックエジソンアカデミーのロボット

⇒公式HPへ

 

 

アーテックエジソンアカデミーはロボットとプログラミングがバランスよくできるロボット教室です。

 

教室数も多く近所で通える可能性大!&料金も手ごろです♪


 

リタリコワンダーはカリキュラムがない自由なロボット・IT教室ですが、アーテックエジソンアカデミーはがっつりカリキュラムありです。

 

 

「問題解決型」の授業で、

・しっかりと知識を身につけられる
・友達と競争して盛り上がれる

という、楽しい教室です。

 

 

無料体験の際に、実際の授業に参加させてもらったのですが、生徒同士が競争がとっても楽しそうでした。

 

横須賀中央Smileロボットパソコン教室

 

かなり盛り上がっていて、「勝つためにはど〜したらいいんだ!?」と子どもの思考力がめちゃ伸びます。

 

アーテックエジソンアカデミー特徴

 

アーテックエジソンアカデミーは「仲間とワイワイ盛り上がるのが好き!競争に燃える!」なんて子にピッタリ!です。

 

プログラミングも最初からでき、信号・自動販売機の仕組みを学べるなど、こどもが飽きない工夫もいっぱいです♪♪


 

Artecエジソンアカデミー
ロボット教室,リタリコワンダー,料金,月謝,費用

初期費用

毎月の料金

授業内容

入会金
0円〜約1万円
ロボット代
2万5000円〜5万円

授業料
約9000〜1万2000円
(テキスト代など込み)

月2回

1回90分

使うロボット

対象年齢

教室数

アーテックブロック

8歳〜
(5〜8歳は自考力キッズ

全国800校以上

2018年11月中



 


習い事の体験で商品券GET

 

体験をコドモブースターという習い事おまとめサイトから申し込むとオトク!!です。


なんとamazon商品券2000円がもらえちゃいます♪


キャンペーンの詳細はコチラ


 

 

Cまとめ

リタリコワンダーは息子が小4時に無料体験に参加したときから、ずっと通いたかった教室です。

 

正直、料金はちょっと高いし、遠いし・・・でも、通えるのでがんばって通います!!

 

こどもプログラミング教室通学中


 

息子が中学校入学後も通いたくなるほど充実した時間が過ごせるのかガッツリ検証します♪

 

 

リタリコワンダーの発表会が楽しみ♪

リタリコワンダーワンダーメイクフェス

 

リタリコワンダーの大会

 

今回、我が家はリタリコワンダー通学を決意したのはこのワンダーメイクフェスに参加したかったからです!

 

誰でも参加でき、作品への感想がもらえます。

 

さらに高校・企業の展示まであり、「進学先、将来の夢が見つかった子」もいるそうです。


 

リタリコワンダー発表会

 

リタリコワンダーワンダーメイクフェス

 

どのロボット・プログラミング教室も大会やコンテストはありますが、リタリコワンダーのは大きく違っています!

 

「全員が参加でき主役になれる」大会は他にはない!!です。


 

2017年は500名以上の子が参加しています。

 

 

ふつう、ロボット・プログラミング教室の大会やコンテストは「すごい子」が活躍するものです。

 

 

実際、我が家が通っているヒューマンアカデミーロボット教室の大会はそのタイプ。

 

 

地区大会にでるのに選考があり、全国大会に参加できるのは38名です。(生徒は1万2000名、大会エントリーは632名)

 

 

リタリコワンダーのワンダーメイクフェスは全員参加!

リタリコワンダーワンダーメイクフェス

 

ポスター・動画発表には250名以上の生徒が参加。

 

 

「ナイスアイディア」などと書かれているシールでお客さんが評価してくれるのもこどもにとって大きな自信になりそうです。

 

 

リタリコワンダーの大会

 

こどもの作品ってどれも個性があり、とても素晴らしいものです。

 

大人の目線だけで優越をつけるのではなく、みんなに見てもらってイイところを褒めてもらえる機会があるなんて、めちゃうらやましいです!!


 

企業や学校のブースもあり、子どもの未来が広がる!

リタリコワンダーワンダーメイクフェス

 

テクノロジーゾーン(企業コーナー)では、最新のITガジェットに触れたり、企業で働いているプロと出会ったりできるようです。

 

これで将来の夢ができる子もいるとか!

 

 

リタリコワンダーワンダーメイクフェス

 

有名な専門学校や通信制の学校のブースもあり、専門的にプログラミングやロボット教育を学んでいる高校生の作品に触れられます。

 

将来行きたい学校が見つかった」子もいるようです。

 

 

ワンダーメイクフェス

 

我が家のリタリコワンダー出会いは無料体験です。

 

通学を決めるまでに3回も参加させてもらっています。

 

毎回、我が子の見たことのない集中する姿にビックリ!です。


 

リタリコワンダー
ロボット教室,リタリコワンダー,料金,月謝,費用

初期費用

毎月の料金

授業内容

入会金
1万6200円
ロボット代
6万156円(小3まではなし)

授業料
1万1880円(月2回)〜
運営費
1620円

月2〜8回
1回90分

コース

対象年齢

教室数

ロボット

プログラミング(ゲーム・アプリ)
3Dプリンター

5歳〜高校生 13校(渋谷・中目黒・秋葉原・池袋・鎌田・水道橋・赤羽・青山・町田/川崎・横浜・桜木町・東神奈川)

(8%税込み価格)


 

リタリコワンダー無料体験

 

 

リタリコワンダー関連記事