MENU
中学生からのロボット・プログラミング教室はリタリコワンダー!小6息子と体験参加してきました
ロボット教室

中学生からのロボット・プログラミング教室はリタリコワンダー!小6息子と体験参加してきました

リタリコワンダーは東京・神奈川のみのスペシャルIT教室です!!

 

我が家は1時間以上かけて通うことを決めました。中には新幹線通学している生徒も!!

 

その魅力について体験に参加した感想もいれ、ママ目線でわかりやすくまとめました。

 

こどもプログラミング教室通学中


 

 

ロボット教室,プログラミング教室,中学生,選び方

リタリコワンダー中学生>

⇒公式HP

 

リタリコワンダー無料体験

 

 

リタリコワンダー中学生

 

リタリコワンダーは他のロボット・プログラミング教室と明らかに違っています!!

 

講師の質が高いこと、全員が参加できるイベントがあることなど、とにかくワクワクできる教室です♪


 

ちがいは無料体験でチェック!3コース全部体験できてオトクです♪

ロボット・プログラミング教室無料体験

リタリコワンダー無料体験

 

リタリコワンダーは東京・神奈川のみ

 

リタリコワンダーはとてもいい教室ですが、東京・神奈川のみです。

 

範囲外の方には我が家の通っているヒューマンアカデミーロボット教室ロボティクスプロフェッサーコース教室178校とダントツ多く、通える可能性大です!!


ロボティクスプロフェッサーコース

 

ロボティクスプロフェッサーコース 教室検索

 

 

実は我が家はダブル通学中

中学生ロボット教室通学中

 

実は我が家は小6の秋からリタリコワンダーにも通うことを決め、小4から通っているヒューマンアカデミーロボット教室とダブル通学中です。

 

 

ロボット・プログラミング教室高い

 

息子の中学生以降の成長を考えるとリタリコワンダーは見逃せない存在でした。

 

ただ、家計は苦しいです!!(動悸)

 

でもロボット・プログラミング教室は進学&将来の職業・就職に直結する費用対効果が高い習い事なのでがんばっています!!


 

ダブル通学がいつまでできるかは息子次第。でも、どちらかを中学〜高校と通い続けられれば、将来の可能性がドーンと広がりそうです!!

 

中学生からのロボット・プログラミング教室選び

 

 

 

リタリコワンダー無料体験

 

 

中学生からのロボット・プログラミング教室選びのポイント

中学生からのロボット・プログラミング教室選び

 

小学生用のロボット・プログラミング教室はたくさんありますが、中学生以上の子にキチンと対応ができる教室は少ない!!です。

 

専門知識のある講師がいるかどうかが教室選びの1番のポイントになります!!


 

中学生からは楽しいだけじゃダメ

中学生からのロボットプログラミング教室

 

実際に我が家はロボット・プログラミング教室に通学してみて、小学生時代は「楽しく通える」でよかったです。

 

 

でも、小6くらいから

自考力キッズ 料金

 

息子が楽しそうじゃないし、ワクワクしていないなぁ。

 

それに、質問への講師の答えがイマイチ・・・知識不足かな?


なんて感じ始めました。

 

 

我が家の通うヒューマンアカデミーロボット教室の上位コース:ロボティクスプロフェッサーはロボット博士養成コースという内容が難しいもの。通学中の教室はこのコースを始めたばかりで、知識・経験足らず。

 

 

中学生以上のロボット・プログラミングは教えられる講師が少なく、知識量の差が大きいです!

 

 

また講師は「有名大学の理系の生徒・出身者」なだけではダメで「ロボット工学専攻」かどうかも大事!と感じました。

 

 

中学生以降は

・ロボットやプログラミングの専門知識のある講師がいる
実際に中学生・高校生が通っているか
社会とつながるキッカケがもらえるか

が必須条件だと思うようになり、新しい教室を探すことにしました。

 

 

そんな条件にピッタリだったのがリタリコワンダーです!!

 

リタリコワンダー体験
↑↑体験がとても楽しかったです♪

 

リタリコワンダー無料体験

 

 

専門知識がある講師のいる教室を探せ!!

ロボット教室の講師

 

ロボット・プログラミング教室は大人気でどんどん教室が増えています。

 

 

でも、ロボット・プログラミンの専門知識をもつ講師はまだまだ貴重で、教室ごとに講師の質はかなり差があると感じます。

 

 

中学生からのロボット・プログラミング教室

 

我が家が無料体験&イベント参加したなかで、「息子を中学校から通わせたい!」と思ったのは4つの教室です!

 

全国展開していない教室もありますが、どれもレベルの高い講師がおり安心して通えそうです♪


 

教室名 できること 教室数・場所 対象年齢
リタリコワンダー ロボットプログラミング/プログラミングのみも 13校(東京・神奈川) 年長〜高校生
ヒューマンアカデミーロボット教室のロボティクスプロフェッサーコース ロボットプログラミング

178校(35都府県)

小6〜中学生
通学生はアドバンスプログラミングコース修了〜Ok

クレファス ロボットプログラミング 120校(25都道府県) 年長〜中学生
ライフイズテック プログラミングのみ 4校(東京・神奈川・名古屋・大阪) 中学生〜高校生

2018.11時点

 

 

ロボット教室無料体験

 

ロボット・プログラミング教室の料金は月2回で1万円以上と安くないです!!

 

無料体験講師の質・我が子との相性を確かめてピッタリの教室へ!!


 

リタリコワンダー無料体験

 

 

我が家がリタリコワンダーを選んだ理由〜メリット・デメリット

ロボット教室,プログラミング教室,中学生,選び方

リタリコワンダー中学生>

⇒公式HP

 

リタリコワンダー中学生

 

我が家がリタリコワンダーにであったのは息子が小4のときでした。教室が遠く1時間以上かけて通うことが当時はできずにあきらめました。

 

でも、中学生になる息子のために遠距離通学を決意!


 

リタリコワンダーのメリット・デメリットを無料体験に参加した感想を交えてまとめました。

 

 

デメリット

@教室が少ない(東京・神奈川のみ13教室)

リタリコワンダーのデメリット

 

リタリコワンダーの最大のデメリットは教室が少なく東京と神奈川のみ!なことです。

 

我が家は通学に1時間半くらいですが、中には新幹線通学者もいるとのこと!!

 

孟母三遷・・・がんばることに決めました。


 

通学範囲外の方はヒューマンアカデミーロボット教室の上位コース:ロボティクスプロフェッサーが教室数が多く、近所で通える可能性大です!!

 

ロボティクスプロフェッサーコース 教室検索

 

 

デメリットA:ロボットコースは初期費用高額!

入会金

1万6200円

初期費用
(ロボットコースのみ)

テクニカルのみ:6万円ほど

毎月の料金

  月謝+

運営費:1620円

教材費:1080〜4320円

合計

月2回:1万4580円
月4回:2万3200円
月8回:4万4820円

注:税込価格

 

リタリコワンダーのロボットコース高い

 

リタリコワンダーはロボットコース以外は初期費用は入会金だけです。

 

ロボットってやっぱり高いです!!

 

我が家もロボットコースに興味はあるものの、息子の本気度MAXなら…とまずはプログラミングコースからのスタートです。


 

 

高額なロボットには価値あり!

レゴマインドストームEV3

 

リタリコワンダーでロボットコースに通うと、初期費用でロボット代が6万円近くかかります。

 

 

使うのはレゴマインドストームEV3という世界基準でプログラミングもできるとてもいいロボットです。

 

 

実は2018年、リタリコワンダーの生徒(小学生)が世界大会で7位になるなど、指導に実績ありです。がんばってやる価値は十分にあると思います。

 

リタリコワンダーロボット世界大会

 

 

メリット

@講師の質が高い

リタリコワンダー講師がいい

 

無料体験に参加した教室の講師(アルバイト)は大学(院?)でロボット工学を学んでいるとのことでした。

 

 

正社員の講師とアルバイト講師の割合は不明でした。(通学したらこのへんしっかりチェックしてきます!)ただ、アルバイト採用は倍率も高く、さらに研修もして、レベルを上げているそうです。

 

ロボット教室の質

 

大手の塾などが始めるロボット教室は「どんな講師がやっても大丈夫なカリキュラムがある」のがウリだったりします。

 

リタリコワンダーにはカリキュラムがなく、生徒のやりたいことをフォローしてくれる講師がおり高校生にも対応〇!!とても頼もしいです♪


 

中学生以上のロボット・プログラミング教室を選ぶときには、子どもの成長をどんどん早めてくれる知識のある講師の存在が不可欠です。

 

 

体験に参加した際には、失礼でも講師の専攻や出身学部などを聞いて、専門知識の有無をチェックすると後悔がないと思います。

 

 

リタリコワンダー無料体験

 

 

メリットA料金が安い!!

リタリコワンダーの月謝は安い

 

リタリコワンダーの月謝って息子が小4時の体験のときは高いと思っていました。

 

でも、中学生が通えるロボット・プログラミング教室と比較してみると実は安かった!!ので驚きです。


 

入会金

1万6200円

初期費用
(ロボットコースのみ)

テクニカルのみ:6万円ほど

毎月の料金

  月謝+

運営費:1620円

教材費:1080〜4320円

合計

月2回:1万4580円
月4回:2万3200円
月8回:4万4820円

注:税込価格

 

 

小学生の通うロボット・プログラミング教室の月謝は月2回で1万円くらいが相場なので、ちょっとリタリコワンダーは高いです。
でも、中学生〜高校生が通う場合で比べてみると・・・

 

 

他の教室と料金比較
教室名 月謝 授業回数 PC
リタリコワンダー 1万4580円 月2回 不要
2万3220円 月4回
ヒューマンアカデミーロボット教室:ロボティクスプロフェッサーコース 1万3608 月2回 持参
クレファス 非公開(1万8360円以上?←これはゴールドコースの月謝で、このコース修了が中学生レベルへの進級条件) 月4回 不要
ライフイズテック 春〜:1万7280円/秋〜:1万8000円 月3〜4回 持参

注:税込価格

 

リタリコワンダーの中学生からの料金は安い

 

リタリコワンダーは教材代のかからないプログラミング&デジタルファブリケーションコースがあり、さらにパソコン代もかかりません!!

 

中学生は部活、塾、受験とお金がかかるので、安心して通える料金の教室を選ぶのが必須です。


 

 

メリットA:コース・回数を自由に変更できる

リタリコワンダーHP

 

リタリコワンダーには3つのコースがあり、月単位で自由に変更できます♪

@ロボット(年長〜小3:クリエイト/小3〜高校生:テクニカル)
Aプログラミング(ゲーム・アプリ)
Bデジタルファブリケーション(3Dプリンターでのモノづくり)

 

リタリコワンダーのコース変更

 

コースが自由に変えられるので、飽きやすい子もずっと楽しく授業が受けられます!!

 

講師から子どもの適正・興味に応じてコース変更の打診があったりと、生徒1人1人をよく見てくれるのもリタリコワンダーの魅力♪だと思います。


 

授業回数も変えられるので、
「普段は月2回で時間の余裕があるときに興味のあるコースを追加する」なんてのもOKだそうです。

 

 

メリットBイベント多数で視野・興味が広がる

リタリコワンダーのイベント

 

リタリコワンダーはイベントが盛りだくさん!です。他の教室に比べるとダントツ多いです。

 

 

我が家がリタリコワンダー通学を決めた1番のイベントは発表会:ワンダーメイクフェスです。

 

 

これは全員が参加できるという他のロボット・プログラミング教室とは違ったイベントです。他では「一部の超スゴイ子」が出られるものばかりです。

 

 

リタリコワンダーのイベント

 

ポスター展示で多くの人から「デザインがイイね!」なんて評価してもらったり。

 

 

リタリコワンダーのイベント

 

企業や専門高校のブースで将来の夢・進学先を見つけたり。

 

 

リタリコワンダーのイベント

 

将来についてアレコレ悩んだりする中学生の息子にぜひ参加してもらいたいイベントです。

 

多くの人や社会との接点をもらえるのがリタリコワンダーです!!


 

 

小さなイベントもたくさん♪

長期休みだけでなく、普段の土日にもワークショップがあります。これ、かなりおもしろそうで、参加したくなるものばかり!!

 

 

リタリコワンダーのイベント
  ↑
3Dプリンターでクリスマスグッズを作るコース

 

 

リタリコワンダーのイベント
  ↑
通塾生限定のロボットグランプリ

 

 

リタリコワンダーのイベント
  ↑
流行りのVRをプログラミングするのも!!
これも通塾生限定です。

 

自考力キッズ 料金

 

ワークショップは5000〜1万円くらいで有料です!!

 

実は我が家、息子が小4時は有料イベントがあるスクールはちょっと・・・と思っていました。(家計を心配)

 

でも、中学生からは子どもをワクワク&刺激させてくれるイベントに投資したいと思っています。


 

お金の都合をつけて、少しでも多くの体験・経験をさせてあげられれば、将来の可能性が広がるチャンスです。

 

 

実は、なかなかそんな場所ってないです。リタリコワンダーの生徒であれば通学生限定イベントに参加できます!!

 

 

メリットC中学生以上の生徒が多い!

中学生からのロボットプログラミング教室

 

リタリコワンダーには中学生・高校生の生徒がけっこうたくさんいます!!

 

 

無料体験に参加したときも、中学生の男子生徒と一緒になりました。

 

 

息子は先輩がどんなプログラミングをしているかとても興味があったようで、一緒に話をするのがとても楽しそうでした。

 

 

自考力キッズ アーテックエジソンアカデミー

 

リタリコワンダーでは年齢・コースの違う生徒が同じ時間に作業し、刺激しあうようです♪

 

年上の生徒をみて、近い将来のことを考えれるようになったらいいなぁと思います。


 

 

〇まとめ

リタリコワンダー
ロボット教室,プログラミング教室,中学生,選び方

初期費用

毎月の料金

授業内容

入会金
1万6200円
ロボット代
6万156円(小3まではなし)

授業料
1万1880円(月2回)〜
運営費
1620円

月2〜8回
1回90分

コース

対象年齢

教室数

ロボット

プログラミング(ゲーム・アプリ)
3Dプリンター

5歳〜高校生 13校(渋谷・中目黒・秋葉原・池袋・鎌田・水道橋・赤羽・青山・町田/川崎・横浜・桜木町・東神奈川)

(8%税込み価格)


 

リタリコワンダーメリット

 

我が家から1時間以上かかるリタリコワンダーですが、とにかく子どもがワクワクできる場所です!!

 

最近、テンションが低くなってきた小6息子が大興奮した無料体験で通学を決意しました♪

 

がんばって息子の可能性を広げたいと思います!!


 

リタリコワンダー体験

 

 

リタリコワンダー無料体験

 

 

リタリコワンダー関連記事